生活環境レイ・エキスパート第一期生養成講座に向けての記念イベントを開催します

生活環境の安全と安心と楽しさのための講座 

 環境の安全と安心において、難しい専門的な情報や聞きたくないリスクを伝えることはお互いに負担感が大きく、誰しもついないがしろにしがちです。そこでLEMAでは、「伝える苦労から伝わる喜びへ笑顔で過ごせる生活環境を共に育む」をテーマにし、福島第一原子力発電所事故後の放射線の勉強会や食品の健康講話会の開催数トップの実績と現場経験を持ち(※1,2)、地域メディエ―タ(リスクコミュニケータ)として知られる半谷がメイン講師となりその極意を伝授します。みなさんも情報伝達のスキルを身につけてレイ・エキスパートを目指して頂ければ幸いです。

 

代表 早坂織香

※1 だて市政だより 災害対策号70号

2 朝日新聞 放射線の知識は対話形式で共有


LEMAの第一期生の募集を兼ねた記念イベントを開催します。イベント参加費用は必要ありません。この機会を逃すことなくご参加して頂けると幸いです。

生活環境レイ・エキスパート養成講座は、食物アレルギー関係を中心に構成されています。

当事者としての情報発信とコミュニケーションの向上を目指す講座です。

募集対象;サークルのリーダー等でコミュニケーションに興味を持たれている方。レイ・エキスパートにご興味のある方であればどなたでもご参加して頂けます。また、講座を受講して頂き当法人の目的にご賛同いただけた方は会員登録をして頂けますと幸いです。

 

☆プログラム☆

1000 開会あいさつ LEMA副代表 半谷輝己

10101030 基調講演 LEMA代表 早坂織香

10351130 生活環境レイエキスパート養成講座が目指すもの LEMA副代表 半谷輝己

1135~ 昼食と懇談

13001400 ワークショップ

ワークショップでは以下のテーマで議論します。

 1.似非科学を勧める医師に対して患者はどう対峙すべきか(実際にあった事例比較)

  ・アレルギー疾患者に対して、水素水を勧められた

  ・末期がん患者と家族に対して、丸山ワクチンを勧められた

2.広域災害における避難所内でのアレルギー疾患者の意思表示の仕方

  ・飲料水と洗浄水の表示のお願いの仕方

      ・アレルギー疾患者とペットの共存


Schedule

2018916() 10:00 - 14:00 
※昼食はご持参してください。

 



Location

会場は以下の場所となります。

東京都中央区日本橋3-3-13 永沢ビル3301号室
https://goo.gl/Ae13bD

なお、当会場はセキュリティの観点で、不特定多数の人が入れないようになっています。
つきましては、ビルに到着しましたら、3Fまで階段で上がっていただき、「リノフト会議室・セミナールーム」という案内に従って進んでください。
301という部屋の前に到着したら、右側にある内線で「リノフト」を呼び出してください。中から担当者が迎えに伺います。


画像付案内が以下URL先にありますので、併せてご覧ください。
https://linoft.com/img/room/%E2%91%A1.jpg